生活をよりよくするために
どうしたらいいのか
考えるお手伝いをします

心理室では、外来・入院の方々の心の悩みや症状、生活上での困難や生き辛さなどに心の専門家として、その治療に携わっています。患者様やご家族、周りの方々がどういったことで悩んでおられるのか、問題や課題を整理していきながら、今後の生活をよりよくするためにどうしたらいいのかなどを考えるお手伝いをします。

主な業務は、入院治療中の方を対象とした心理面接心理検査、また、集団療法となっています。なお、心理検査については外来の方も対象です。

心理面接

様々な心の葛藤や問題に対して、気持ちの整理をしたい、自分自身の理解を深めたいなどという方を対象に行なっています。
面接内容は、不安や緊張、気分の落ち込み、人間関係、感情のコントロール、パニック、解離、摂食、不眠、身体症状、こだわり、家族関係、仕事や学校などの対人関係の悩み、将来のことなど多岐にわたります。
また、当院は様々な専門性・アプローチの心理士がおりますので、担当の心理士までぜひご相談ください。

※開始にあたっては主治医の指示箋が必要となります。まずは主治医にご相談ください。
※面接の進め方や時間・頻度などはそれぞれの方に合わせております。担当心理士や主治医とご相談ください。

心理検査

必要に応じて、入院患者や外来患者に対して、知能検査や性格検査など各種心理検査を実施しています。心理検査から得られた結果を元に、患者の今後の生活をより良いものにするためのヒントを一緒に見つける場となるように努めております。

※開始にあたっては主治医の指示箋が必要となります。まずは主治医にご相談ください。
※心理検査の進め方や時間・頻度などはそれぞれの方に合わせております。担当心理士や主治医とご相談ください。

集団療法

入院患者に対し、認知行動療法などの心理教育を通して、“ちょっとした”ストレスにご自身で対応できるようになることをサポートしています。

※開始や進め方・頻度などにあたっては主治医の指示箋が必要となります。まずは主治医にご相談ください。
※参加するには先着の予約・エントリーが必要です。その時の予約状況によってはご参加いただけない場合もございますので、ご了承ください。